最後に付加サービス・オプションサービスについて。たとえば、端末が故障した際、修理代金が有償になっても安く修理できるオプションについては、両社共に提供されています。WiMAX向けのオプションとしては、セキュリティソフトのサービスや、UQエンタメマーケットから利用できるU-NEXTの動画サービス、ebookjapanの電子書籍サービス、music.jpの音楽配信サービスなどが提供されています。通信キャリアの老舗として、高速通信と組み合わせた大容量コンテンツのサービスについては、新興MVNOサービスにはない魅力です。

一方Yahoo! Wi-Fiについては、運営するYahoo! Japanのサービスとの親和性を上げるオプションが提供されています。特に、先ほども記述したとおり、Yahoo!プレミアム会員には月額料金が割引になるプランがある他、動画配信のGyao!が特別価格で提供されたりと、普段からヤフオク等のYahoo! Japanに慣れ親しんだ方がモバイルルーターとして所持するのにお得な特典が用意されています。

これからますます競争が激しくなるモバイルWiFi業界。皆様も選択の際には、単に料金だけではなく、それぞれの特徴を比較し、自分が求めているものを選択できるように、たくさん情報収集をしてください。

関連HP-モバイルWi-Fi最安リサーチ! | モバイルWi-Fiルーター&ポケットWi-Fi比較サイト

次に考えなければならないのが提供エリア。せっかく高速通信できる機械が手元にあっても、それがエリア外であれば、あるいはエリアであっても電波状況が悪ければ、とても使えたものではありません。WiMAXについては古くからモバイル通信を提供しているため、現在はかなり広いエリアで高速通信を提供していますし、Yahoo! Wi-Fiについても、親回線のY!Mobile回線は、ソフトバンクのエリアと合わさり、広範囲にサービスを提供しています。

ここで気をつけなければならないのは、Yahoo! Wi-Fiで無制限のアドバンスオプションを選択したい方。アドバンスオプションについては、月間の速度制限がカウントされなくなる代わりに、通信に使う周波数が固定されてしまうため、無制限で使える地域が限られてしまいます。したがって、頻繁に移動して利用される方は、ある場所では7GBの制限を受け、ある場所では無制限で利用する、という使い分けが必要になってきます。

ただし、制限を受けるかわりにY!Mobile、ソフトバンクの回線を利用するため、通信できるエリア自体はWiMAXより広くなるため、自分がどこで利用するのか、を考えて選択するとよいでしょう。

まずは料金プランについて。はじめにみなさんが考えなければいけないことは、1ヶ月でどのくらいの通信を行うか、についてです。家では固定回線を使っているので、外出先ではあまり使わない、という方から、外出先でも大量に通信をしたい、という方。さらには外へは持ち出さないが、固定回線を引くのが様々な理由で困難なため、モバイルルーターで代用したい、という方まで、用途によって月間の通信量は様々に変わります。

WiMAXとYahoo Wi-Fi、ともに月間の通信量制限があるかわりに安めの料金プランと、月間の制限がないプランの2種類が用意されています。WiMAXの提供する、UQ Flatツープラスというプランは、月間の通信量が7GBを超えると、低速化になるかわりに、月額3,696円で利用できるプランです。Yahoo! Wi-Fiも、月間7GBで低速になるプランについては、月額3,696円で提供されますが、こちらはYahoo!プレミアム会員価格だと、月額2,480円に値下がりします。

月間通信量無制限のプランでは、WiMAXが4,380円で提供されているのに対し、Yahoo! Wi-Fiは月間通信量7GBを超えて無制限になる「アドバンスオプション」というものを、基本料金に加えて4,380円で提供しています。

MVNO業者が提供する格安SIMによって、最近はスマホ向けだけではなくポケットwifiなどモバイルWiFiルーター向けのプランまで、料金や通信の質の競争が激化してきています。最大速度が光回線を越える機種を提供する会社から、低速な代わりに容量の制限を完全に撤廃したうえで格安な料金で提供する会社まで、各社様々なプランを提供し、差別化を図っています。ユーザーにとっては選択肢が増える反面、そのメリット・デメリットが比較しにくくなっているのも事実。

そこで今回は、モバイル通信業界を代表するWiMAXとYahoo! Wi-Fiとの比較を行い、そのサービス内容やプランでどのような差別化が行われているかを見ていきます。通信業社なんてどこも一緒、と考えていた方には、その意外な違いを感じていただければ、ご自身でモバイルルーターを購入されるときの基準作りの一つの指標になります。

さて、モバイル高速通信の老舗として有名なWiMAXと、そのライバルとして有名なY!Mobile(旧・Emobile)。それぞれの会社が、電波の割り当てや料金プランなどで、様々な比較をされてきたのは有名な話。

Yahoo! Wi-FiはそんなY!Mobileの回線のMVNOとして通信の提供を行いながら、Y!MobileともWiMAXとも違ういろいろな差別化を行っています。ここからは料金プラン、サービスエリアや付加サービスを比較することで、それぞれの特徴について確認していきましょう。